引越後の数日間の記録

少し時間にゆとりができてきたので、久しぶりにblog更新です。

引越(搬入)の日、こちらでは珍しく雪のない状態でしたので、きわめて順調に40分ほどで運び込みが終了しました。引越社の方は旭川から来ていて、トラックは早朝出発だそうです。ご苦労様。

翌日、町役場へ。住基カードを使って転出をしたので、転出証明書はない状態。その旨お伝えすると、「キターッ、住基カード転入!」と担当者の方、急にテンションが上がってました。住基カードを使う人がほとんどいないようで、マニュアルを見ながら端末を操作されてました。結局その日はパスワードの解除がうまくいかず、翌日に持越し。めでたく、住所不定無職になりました。

この影響で警察署への免許証の住所変更も翌日に持越し。リースの契約もできないかなと思っていましたが、リースがたいへんびっくりで、地元の整備工場さんが代車用に所有している車を貸してくれるというもの。契約書なんか、あっりませーん! 全くの口約束、信頼関係だけです。すぐに顔が割れてしまう小さな町ならでは。ただ1年以上借りるなら任意保険もついて月3万と破格のカーリース。走行距離は13万kmでいろいろあるかもしれませんが、3列シートのワンボックスカーで家族が来たときや、レジャーに持って憩いの4WDでした。普通に大手の業者で借りたら月7-8万くらいするんじゃないでしょうか。まだ夏タイヤで、スタッドレスに履き替えて、リース開始は1月から(のんびり~)となりました。

昨日は職場の方に案内してもらって稚内へ。ショッピングセンターをいろいろ回ってくれました。とくに新調しなかった上着も、2000-3000円くらいで雪かきするのにちょうどいいようなのが、たっくさんありました。防寒具の種類、値段はさすがに雪国。関西だと登山道具のお店なんかに2-3万しているようなものが1/10の価格です。ありがたや、ありがたや。厚手の靴下なんかも豊富。


生鮮食料品も稚内まで出ると、豊富豊富。関西では見たことのない魚介類がこれまたたっくさん。飯寿司のような地元の食品もいろいろあって楽しめました。お昼は回転ずしの花いちもんめで昼食。ネタが新鮮なので舌がとろけてしまいそうでした。義父へのおみやげに鮭トバやタラのおつまみなどをしこたま仕入れて、引越片付けの収納グッズを100均で購入してこの日は終了。稚内が生活圏に入ってくるのはありがたいです。


そして今日、ようやく少し用事が片付いてきて、PCをセットアップ。blog更新することができました。今日は(関西人的には)吹雪で視界もめちゃくちゃ悪いですが、職場の方は仕事を終えて札幌に出るとか言ってました。遭難しないのかなぁ。

ちなみに生まれも育ちも北海道の方です。僕に心配されても仕方ないか。
という訳で、少しずつ生活ができるようになってきています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック